大切な家族…。柴犬仲良し母娘、えこ、紅、真瑠璃、珊瑚の日常生活をたっぷり紹介。「犬を飼う」のではなく「犬と生きる」「犬は家族」そんなブログです。柴犬家族のエピソードも満載です。
今度は紅ちゃんが…
2017,1,22

すみません…
ブログを書くのが、ちょっと億劫になっています

今日は、文章ばっかりです。
本当は、普通にお出かけの記事を書こうと思ってたんだけど、
書き出したら止まらなくて。

なので、今日は楽しいお話じゃないです。


って言うのも…

真瑠璃ちゃんより先に、紅ちゃんが手術することになりそうだから。


なんて書こうか…なんて考えてると、どんどん億劫になってしまって。
とりあえず、簡単に書けるインスタにはアップしているので、
皆さん、よかったら『番外編』も見てくださいね。


何が起こったかって言うと…

真瑠璃ちゃんのシコリのことで、他の子のことも心配になり、
紅ちゃんのおっぱいも、いつも以上に念入りに触っていたら、なんと…

とっても小さいシコリを発見したんです。

すぐに病院へ連れて行って診てもらったら、初期だけど乳腺腫瘍だって。
でも、良性の可能性の方が高そうと言われました。

ただ、絶対ではない。

今すぐ手術をしないで、様子を見てもいいとは言われたのですが、
今すぐ手術したくないから…と、先延ばしにしてメリットはあるのかと聞いたら、
メリットは全くないとのこと。

私も、年齢的に考えて、あと1年2年様子を見て、
やっぱり手術しなきゃ〜ってなるくらいなら、今すぐした方が断然いい!と思う。

少しでも体力のあるうちに。
少しでも回復力のあるうちに。
少しでも若いうちに。

紅ちゃん、もともとヒートがえこちゃんたちほどキッチリくる方ではなかったし、
何らかのホルモンの影響で、目の周りや耳の先が抜毛してしまう。

なんとなく、昔から将来的に女性ホルモンの異常が心配…と思っていたのもあって、
そろそろ手術を考えようと思っていたところでした。

で、去年の11月に血液検査やエコーやレントゲンを撮ったけど、
私が心配していたのはなんだったのか?と思うほど、全てが健康だった紅ちゃん。

真瑠璃ちゃんのこともあったし、
そんなに健康なら、今は真瑠璃ちゃんのことだけ考えて、
紅ちゃんのことは、1年経ってから考えようと決めていました。

紅ちゃんが1年年を取ったぐらいで、急に老け込むとも思えないと先生も言ってたし

なので、子宮の手術の前に、乳腺腫瘍を見つけられたのは、
現状ではラッキーと言うべきことなんだろうと思うんです。

だって、手術が同時に行えるので。


だったら、おそらく良性と思われる乳腺腫瘍を来年までそのままにしておくか?


私には、そうの考えは、全く浮かばなかったんです。

もしかしたら悪性かもしれない乳腺腫瘍の手術を先延ばしにして、万が一転移でもしたら?
そっちの方が先に頭に浮かんで、
その日その場で、すぐに手術してください!とお願いしました。

先生も「だよね〜」って。

手術を怖がって先延ばしにして、手遅れになったって話もよくあるらしい。

私は、健康な身体を傷つけて、ちゃんと機能している子宮を取り除くなんて事は、
全く考えて来ませんでした。

紅ちゃんも真瑠璃ちゃんも、子宮があったから、
今まで犬の女性として生まれた運命を、
楽しく、健康に、自分らしく生きて来られたって思います。

ヒートの時、4柴娘たちが、どんだけ楽しそうだったか。

イイ男を見つけると、嬉しそうにしていたもんね。
誰かがヒートになると、毎日女子会みたいにワイワイ♪キャイキャイ♪
おもしろかったね〜

人間の女性の子宮も、犬の女性の子宮も、同じく尊い存在であると思っています。

その代わり、病気は私が見つける!
そして、見つけたら、すぐに手術する!

だから、今、迷いは一切ない。

先生も「今まで子宮があったから、楽しく健康に過ごして来られたんだよ。」って言ってくれました。

我が家は、本当にいい先生に巡り会えたなぁ〜
先生に任せたら大丈夫って、信じられるもの。

もし…何かあったとしても、それが最善だったと思えると思う。


今回の病気は、内臓ではないから、命に直結すると言う訳ではない分、
ちょっとは安心と言ってもらえました。

乳腺腫瘍の手術は、傷口がとても大きいそうです。

その分、傷口が治りにくかったり、化膿しやすかったりすることもあるみたい。
それがなければ、普通の子宮摘出の手術と同じくらいの日数で抜糸できるとのこと。

まずは、明日、血液検査をして来ます。

その結果、手術ができる状態なら、手術の予定を立てます。

去年の11月の時点では、血液検査オールOKだった紅ちゃん。
無事クリアーできますように。

そうすれば、真瑠璃ちゃんの肝臓の数値の改善を待っている間に、
紅ちゃんは完治するはず。

それから、真瑠璃ちゃんの手術とうまく行ければ、春にはみんな健康!

そうなれるように頑張らなくっちゃね。


今回の手術は、これから先の老犬生活を、穏やかでのんびり過ごすためのものだと思う。


えこちゃんが、卵巣嚢腫の手術をしたのが10歳。
紅ちゃんたちは、12歳。

まぁ、そう言う年齢だよね。

これが絶好のタイミング!
そう思って、前向いて突き進むのみ!

でも、心配はものすごくしています。

手術中に災害が起こったら?とか、停電が起こったら?とか。
先生が急病で倒れたりしないよね?とか。

それから、術後の影響も。

倦怠感に襲われたりしないかしら…
太りやすくなったりしないかしら…
変なアレルギーとかでないかしら…とか。

心配したら切りがないし。
今から私が不安に思ってたら、紅ちゃんたちに不安が伝わっちゃう。

だから、普段通り笑って過ごす。

それが今できる最善のこと。

image1_2017012300312521f.jpg

楽しい老後のため、頑張ろうね。








昨日も、応援ありがとうございました


順位が上がると、素直に嬉しい♪
今日も応援よろしくお願いします

1日1回、どっちか1個、ポチッとお願いします

�Č��Č��Č� ランキングに参加中!今日も応援、よろしくお願いします♪ �Č��Č��Č� 
       いつも読んでくださってありがとうございます。



いつも仲良しな4柴娘に、応援のポチッお願いします


2
にほんブログ村
   クリックして頂けるとランキングが上がります♪



3

にほんブログ村
   クリックして頂けるとランキングが上がります♪




コメントも頂けたら嬉しいです♪



記事の内容に関係ないコメントや、読んでいる方が不快に思うかもしれないコメントは、
削除させて頂く場合がありますので、ご了承くださいませ。

関連記事
スポンサーサイト
Posted by Saoeko
comment:6   trackback:0
[紅の病気
comment
紅ちゃん、来週手術がんばってね。

真瑠璃ちゃんと紅ちゃんが、元気になったらまた、ケンとお散歩してくださいな。

ケンと、祈ってます(*^。^*)がんばれ
2017/01/23 18:11 | | edit posted by 犬と書いてケンのママ
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/01/23 22:09 | | edit posted by
私はるなが妊娠中に乳腺のしこりを見つけました。
ワンちゃんの乳腺腫瘍は5割が悪性と言われ
やはり手術して精検に出すと悪性だったのですが
他には転移もなく安心しました。

紅ちゃんもきっと早く見つけられたから大丈夫ですょ
無事に手術がすむことをお祈りしています
2017/01/23 22:14 | | edit posted by まっちゃん
早期発見でよかったです。
紅ちゃん、手術頑張って!
タフな紅ちゃんですもの、きっと術後も大丈夫!
2017/01/24 12:48 | | edit posted by シオン
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/01/25 10:23 | | edit posted by
番外編の方のぞかせていただきました。
紅ちゃんの手術来週に決まったのですね。
血液検査がオールクリアって紅ちゃんすごすぎー(笑)
 
早期発見できたこと本当によかったと思います。
今手術することも。
これから先って一歳年をとるごとに手術に対する不安は増えていきますよね。。。
 
紅ちゃんの手術が無事終わりますように!
saoさん、今はゆっくり休んでください♪
2017/01/25 21:23 | | edit posted by hamasumi
comment posting














 

trackback URL
http://shibaeko.blog33.fc2.com/tb.php/3124-5e63310d
trackback