大切な家族…。柴犬仲良し母娘、えこ、紅、真瑠璃、珊瑚の日常生活をたっぷり紹介。「犬を飼う」のではなく「犬と生きる」「犬は家族」そんなブログです。柴犬家族のエピソードも満載です。
4柴娘と和歌山〜奈良〜滋賀旅行♪ * 飛鳥寺編 *
2012,10,24

今日は、カラッといい天気♪

朝から、勇くんをお預かりしていたので、
みんなでちょっとロングドライブにでも行こうかと思ったのですが…
4柴娘たち、全員お腹の調子がなんかイマイチ

なので、大事を取って、一日中のんびり過ごしました。

下痢ではないんですが、ベストコンディションでもない感じ…
こういうときは、体を休めるのが1番。

季節の変わり目で、体が付いて行っていないのかなぁ〜
先日、千葉に行ったときも、すごく暑かったし…
昨日は、雨で涼しかったし…

今日の夕飯は、お米をコトコト煮込んだ中華粥風ごはん。

お野菜は使わず、鶏の出汁で煮込んで、鶏ひき肉を加えました。
固形物を食べ始めたばかりの子犬たちのご飯と一緒。
胃もゆっくり休んでもらわなくっちゃね〜


ではでは、旅行記第13話。

飛鳥最後の目的地です。
ここも、すごく、すごく行きたかったの〜

『飛鳥寺』

PA089079.jpg

もうすぐ16:00。
夕方の光が、軟らかいです。

まずは、小さな石仏にお参りです。

PA089081.jpg

石仏は、3体並んでいるのですが、左は良縁成就、真ん中は家業繁盛、右は交通安全。
それぞれの石仏に、水をかけて祈ると願いが叶うそうですよ♪

PA089082.jpg

ダーリンと一緒に、しっかりお願いしてね♪

小春巻きさんと小春ちゃんも、しっかりお願い☆

PA089091.jpg

この後、ダーリンに5柴娘をお願いして、私と小春巻きさんとで飛鳥大仏に会いに行って来ました♪

PA089093.jpg

なんか、「会いに来ました。」って言いたくなるんです

ご住職のお話は、途中から聞きました。
最初から聞きたかったなぁ〜

そうそう、ここの大仏さまは、写真撮影OKなんですよ
お堂に入ってる大仏さまでは珍しいよね?

この優しい顔をお持ち帰りできるなんて、嬉しいな♪

PA089100.jpg

飛鳥寺は、596年に蘇我馬子の発願により建てられた、日本で最初の本格的な寺院なんですよ。
飛鳥寺のご本尊の飛鳥大仏も、年代のわかる現存の仏像では日本最古のものと言われているんです。

でも、飛鳥大仏は、落雷に寄る火災などで、何度も何度も修理が施されて来たため、
顔面と左耳、右手の指3本だけが、当初のものだと言われているそうです。

あのお顔は、当時のまま…ってことですよね。

その修復のあとさえ、なんとも言えない雰囲気をかもし出してる気がします

この大仏さま、右側から見たお顔と、左側から見たお顔とでは、
表情が違って見えるんですよ

お堂を出ると、いたいた♪

PA089108.jpg

ダーリンと待ってる5柴娘たち♪

小春ちゃん、ど真ん中だね〜
ダーリンに、なでなでされてるし♪

今度は、ダーリンが大仏さまのところへ…

ねぇ、えこちゃん。
私は、ここにえこちゃんと来られた事が、とってもとっても嬉しいんだけど…
えこちゃんも、嬉しい?

PA089111.jpg

そっか

ただ、この飛鳥寺には、大きな鐘があって、なんと撞き放題。

えこちゃんは、お寺の鐘の音が、大嫌いなんだよね〜
でも、年を取って来てから、ある特定のお寺の鐘の音が嫌いで、
あとは、あまり怖がらなくなりました。

ここではどうかな〜って、ちょっと心配していたんだけど、
最初の何回かだけ、いや〜って言っただけで、あとは諦めて気にしないでいてくれました。

さすが、えこちゃん

ゴーン!ゴーン!って響き渡ってる鐘の横を通って、飛鳥寺の外に出ます。

PA089113.jpg

歩く事1分。

PA089114.jpg

この先にあるのは、大化の改新で討たれて死んだ蘇我入鹿の首塚。

PA089116.jpg

その後、中大兄皇子が天智天皇になるわけだから、討たれた側の蘇我入鹿は罪人同然なんだろうけど…
のどかな景色の真ん中に、ポツンとたたずむ首塚を見ると、ちょっと淋しい気も…

きっと、できる人間だったから、討たれたんだよね。

でも、いつの時代も、権力を握っている側の人間が歴史を書く。
だから、本当の事は、わからないんだよね〜

私が、いろんな事を思いめぐらしている間、さんざん歩いた5柴娘たちはまったり休憩〜

PA089120.jpg

首塚の前で記念写真もないので、なんとなくこのまま…

PA089122.jpg

首塚の後ろには、『飛鳥寺西方遺跡』があります。
ここで中大兄皇子と中臣鎌足が出逢ったんですって。
ただいま、発掘調査中〜

PA089126.jpg

また新しい発見があるのかな?

駐車場へは、ちょこっと遠回りで戻りました。

PA089129.jpg

さぁ、これで飛鳥散策も全て終了〜

全員で車に乗り込み、最初に車を止めた甘樫丘の駐車場へ移動しました。
小春巻きさんの車が止めてあるからね

ここで、小春ちゃん、小春巻きさんとお別れです。

ちょっと寂しいなぁ〜
もうちょっと近くだったら、頻繁に会えるのに…

でも、小春ちゃんが奈良に住んでいたから、こうやって会いに来られたんだもんね
また、会いに来られる♪

それに、今度は小春ちゃん家が、東京方面に来るかもだし〜

なんたって、前回小春ちゃん家が山中湖旅行をしたときには、
なんと1度も富士山が見られなかったんだから〜
これは、リベンジしに来なくっちゃね♪

我が家は雑魚寝しかできないけど、いつでもウェルカムですよ

とってもとっても名残惜しいけど、小春ちゃんたちを見送りました。
また会おうね、小春ちゃん♪

私たちは、ここで車内の整理。
なんたって、徐々におみやげが増えて来て、荷物が…
途中でおみやげ物を宅配で送ってしまおうかとも考えたんだけど、
段ボールとかを探すのも大変なんだよね〜

なんとか整理して、車中泊できるようにしましたよ〜

実は、ここからが我が家流〜

ザ!行き当たりばったり〜
ザ!無計画〜

なんと、思いつきで琵琶湖を見に行く事にしちゃいました〜
琵琶湖は、また改めてにしようよ〜って言っていたのに、
どうせなら、見に行っちゃえ〜って決断しちゃったんです。

なので、この日のうちに琵琶湖の近くまで移動しちゃうことにしました。

移動の途中で見つけたスーパー銭湯に寄って、夕ご飯はなんと天下一品♪
久々で美味しかった〜


この日の宿泊場所は、『道の駅あいとうマーガレットステーション』に決定〜


さぁ最終日は、柴えこ家、初琵琶湖です!

その様子は、また明日♪
旅行記も、終わりが見えて来ましたよ






昨日も、応援ありがとうございました


順位が上がると、素直に嬉しい♪
今日も応援よろしくお願いします


1日1回、どっちか1個、ポチッとお願いします

�Č��Č��Č� ランキングに参加中!今日も応援、よろしくお願いします♪ �Č��Č��Č� 
       いつも読んでくださってありがとうございます。



飛鳥路を堪能した柴えこ家に、応援のポチッお願いします

1_20120917182351.jpg
にほんブログ村
   クリックして頂けるとランキングが上がります♪



2_20120428073944.jpg
にほんブログ村
   クリックして頂けるとランキングが上がります♪




コメントも頂けたら嬉しいです♪
 初めましての方も、ブログをお持ちでない方も、お気軽にどうぞ。




記事の内容に関係ないコメントや、読んでいる方が不快に思うかもしれないコメントは、
削除させて頂く場合がありますので、ご了承くださいませ。

関連記事
スポンサーサイト
Posted by Saoeko
comment:4   trackback:0
[和歌山〜奈良〜滋賀旅行記]  thema:柴犬 - genre:ペット
comment
毎日面白いなぁ~って読んでいます。

今日は「できる人間だったから、討たれたんだよね」の言葉にSaoekoさんの優しさが表れていてグッときたわ。
2012/10/25 23:11 | | edit posted by ミリわん
飛鳥寺での満面の笑みのえこちゃん 最高に可愛い~☆

お寺や神社は身近にありすぎて今まであまり興味が
なかったけれど、今回Saoekoさんに色々とまつわる話を
聞いてあらためて奈良の魅力を感じました。
小春と一緒にお寺巡りを楽しんじゃおうっと。
とうとうさよならしちゃって寂しいけど、琵琶湖での様子を
楽しみにしていまぁす(^^♪
2012/10/26 07:14 | | edit posted by 小春巻き
ミリわんさんへ
歴史なんて、本当の事が伝えられているかなんて、わからないもの…
なんとなく、そう思えたんです(^^)
2012/10/27 21:44 | | edit posted by Saoeko
小春巻きさんへ
私の楽しい〜♪が伝わったのかな?

飛鳥の歴史は古い時代のものだから、ちょっと馴染みがないんだよね〜
橿原なんて、もっと古いよね(^^)
今度行ったら、橿原神宮を見るからね〜♪
知らなくても楽しいけど、知ってから行くともっと楽しいかもだし〜(笑)
是非是非、小春ちゃんと楽しんでね♪
私も近くだったら、しょっちゅう行くのになぁ〜
2012/10/27 21:49 | | edit posted by Saoeko
comment posting














 

trackback URL
http://shibaeko.blog33.fc2.com/tb.php/1979-5ed17206
trackback