FC2ブログ
大切な家族…。柴犬仲良し母娘、えこ、紅、真瑠璃、珊瑚の日常生活をたっぷり紹介。「犬を飼う」のではなく「犬と生きる」「犬は家族」そんなブログです。柴犬家族のエピソードも満載です。
真瑠璃について…
いつものブログとは別に、ちょっと真瑠璃の事を書きたいと思います…。

以前から『柴えこファミリー 愛情いっぱい物語』を見てくださっていた方は、もう知っていらっしゃる事ですが、
ブログをホームページから独立させてから、嬉しい事に多くの方達に見て頂けるようになりました。

ここで、新米ママとなった真瑠璃の半生を、知って頂こうと思いました。

真瑠璃の半生については、『柴えこファミリー 愛情いっぱい物語』の中の『真瑠璃の苦労』を読んで頂くのが一番いいと思います。

でも、ちょっと重たいサイトなので、見れない方のために、少し説明させてください。


真瑠璃は、えこが最初の出産で生んだ娘です。
もともと我が家の子ではなく、ある男性(以後Wさん)が九州に連れて行きました。
真瑠璃は、Wさんと子犬時代を幸せに過ごしていたのですが、
ある日、Wさんが急病に倒れ、救急車で運ばれて行ってしまいました。
真瑠璃は、Wさんの娘夫婦のもとに預けられていたのですが、Wさんの入院が長引き、
娘夫婦にも預かれない理由ができてしまい、真瑠璃は、いろいろな人の家をたらい回しにされる事になってしまったんです。
そんなとき、東京に住むWさんの昔からの知り合いの方(以後Yさん)がお世話してくれる事になりました。
真瑠璃はまた九州から東京へと戻って来る事になったんです。
最初はあくまでも一時預かりのつもりだったのですが、Wさんはそのまま帰らぬ人となってしまいました。
もちろん、いつでも我が家に戻って来てくれて良かったのですが、
Yさんはとても真瑠璃を可愛がってくださり、そのまま引き取ってくださりました。
やっと安住の地を手に入れた真瑠璃…。幸せは長くは続きませんでした。
なんと2年程前にYさんの家が火事になり、また家を失ってしまったんです…。
Yさんはご夫婦して大ケガを負われ、真瑠璃を飼う事ができなくなってしまいました。
ついに我が家に戻って来た真瑠璃…。
Yさんはどうしても真瑠璃を飼いたいとおっしゃって、ケガが治り次第迎えに来るとのこと…
長くなるのは覚悟していたのですが、奥様が火事の後遺症で、心的外傷ストレス障害になってしまい、
ご主人はその介護疲れで倒れられ、そのまま連絡がつかなくなってしまいました。


2度も辛い経験をした真瑠璃…
今は幸せいっぱいの笑顔を見せてくれますが、心のどこかに大きな傷を抱えているかも知れません。
私は、そんな真瑠璃を絶対幸せにしてあげようと心に決めました。

今回の出産も、真瑠璃の人生を考えた上での決断でした。

皆さん…、そんな真瑠璃を見守ってあげてください。
真瑠璃が生んだ小さな命も、見守ってあげてください。

私の力はとっても小さいですが、一生懸命真瑠璃を幸せにしてあげたいと思います…。

えこ子育て2004 123 えこ子育て2004 435 

子犬の頃の真瑠璃(左)です。              旅立ち直前の真瑠璃(右)です。
                             左は紅です。


にほんブログ村 犬ブログへ けなげに生きる真瑠璃にポチッとお願いします

人気ブログランキングへ こっちも頑張ります。ポチッとお願いします




関連記事
スポンサーサイト



Posted by Saoeko
comment:2   trackback:0
[4柴娘のこと]  thema:柴犬 - genre:ペット
comment
はじめまして!
ちょっと前からこのブログを読ませて頂いてました!

まずは真瑠璃ちゃん、出産おめでとうございます♪
可愛い柴犬ちゃんが2匹♪・・・残念なこともありましたが・・・
可愛い可愛い♪と夢中になって拝見してました~。

でも、真瑠璃ちゃんにはそんなつらい過去があったのですね。。。
今は素敵な飼い主さんにもめぐりあえて、
可愛い子宝に恵まれて幸せだと思ってくれてるかしら♪

これから《愛情いっぱい物語り》ほか、色々読ませていただきますね♪
2008/10/14 11:22 | | edit posted by まゆ
まゆさんへ
ありがとうございます。
まゆさんのブログも拝見させて頂きました。
さくらちゃん、可愛いですね♪

真瑠璃は、我が家に帰って来る運命だったのかもしれません…。
一歩間違えれば、捨てられててもおかしくない状況だったと思います。
辛い事も多かったと思いますが、運の良い子でもあるんですよね…。

真瑠璃と真瑠璃の赤ちゃんを見守っていてください♪
2008/10/14 13:23 | | edit posted by Saoeko
comment posting














 

trackback URL
http://shibaeko.blog33.fc2.com/tb.php/13-bd0fb031
trackback