大切な家族…。柴犬仲良し母娘、えこ、紅、真瑠璃、珊瑚の日常生活をたっぷり紹介。「犬を飼う」のではなく「犬と生きる」「犬は家族」そんなブログです。柴犬家族のエピソードも満載です。
ある犬の運命
2011,2,26

今日は、ちょっとだけつぶやきたいの。

昨日、大好きなブログの『Go!Go!!ビーグル’s!?のブログ』で、
あれから二年がたちました。』という題名の記事が書かれていました。

あれから2年…

それは、今ではしっかりと家族の絆で結ばれた、マックスくんとポピーちゃんが、
ビーグル‘sの一員になって2年が経ったんです。

2年前、『マメ柴「まるこ」通信』のまるこママさんの呼びかけで始まった、里親探し…
私もブログに記事を載せたなぁ~

もう、2年経ったんだ…

マックスくんとポピーちゃんは、飼い主さんと死に別れてしまったの。
真瑠璃ちゃんと同じね…

マックスくん8歳、ポピーちゃん4歳。

2匹一緒に…という難しい呼びかけだったけど、
今は、素晴らしい家族に囲まれて、幸せに暮らしています。

中には、最後まで責任を持てないなんて!と、腹を立てる人もいるかもしれない。

確かに、1人暮らしで動物を飼う事は、難しい場合も多々あると思います。
病気になったら?
出先で事故にでもあったら?
たった1人の飼い主さんに何かあったら、誰が動物を救うの?って考えると思う。

その対策無しには、とても難しい…

だから、保護活動をされている方は、
一人暮らしの方には、譲らない場合が多いんだと思います。


でも、一人暮らしじゃなくても、いくら対策を考えていても、
どうにもならない事も、中にはあると思うんです。

真瑠璃ちゃんみたいにね…



今日は、ある犬のお話をしたいと思います。



あるところに、可愛い大人しいミニチュアダックスがいました。
その子は、あるご夫婦と一緒に暮らしていたんです。

人間2人と犬1匹…

ご夫婦は、50代。
よくある家族構成だと思います。

幸せに暮らしていた、ある日。


ご主人の体が、癌に冒されました。。。



数ヶ月後…闘病虚しく、ご主人は天に召されてしまいました。

冷たくなって、病院から家に帰って来たご主人…
そのご主人と、久しぶりの再会をしたダックスちゃんは、何を思ったのでしょうか…


そして、そのショックで、今度は奥さんが…


更年期の精神障害による躁鬱病になってしまいました。

毎晩、お酒に逃げ、病は進行し、
ある日突然、衝動的に自宅で自ら命を絶ってしまいました…




なぜ、可愛い愛犬を残して…と誰もが思うと思います。


でも、身近な人を同じように亡くした事のある人は、わかると思いますが、
この奥さんは、

『自分が死んでしまったら周りがどれだけ悲しむのか…』
『愛犬はどうなるのか…』

そう言う事が、考えられなくなってしまう心の病だったんだと思います。

息子さんもいたんです。
お孫さんも、生まれたばかりだったんです。

理由なんかないんです。
考えろ!って言っても、無理だったんだと思います…



でも、私は、そのダックスちゃんのことを考えてしまいます。


目の前で命を絶たれたその子は、目の前で捨てられたのと同じなのではないか…
いや…それよりも、自分の無力さを嘆いたんじゃないか…

犬は、人間が思っている以上に、飼い主さんを守りたいと思っていると思います。

力になりたい…元気付けたい…
そう思っていると思います。

えこちゃんだって、私がテレビとか見て、ちょっと泣いただけでも、
心配して側に来てくれるんです。

咳き込んだり、クシャミしただけでも、心配そうに私の顔を見ます。


その子のことを考えると、胸が詰まります…


実は私、その子が路頭に迷うんだったら、引き取ろうかとも真剣に考えました。

理由がどうあれ、その子が幸せになるために、力を貸さなくては…と思いました。

もしかしたら、その子も精神を病んでいるかもしれない。
それでも、幸せにできるだろうか…

そんな事が、頭の中を駆け巡りました。


でも、その子は、私が手を貸さずとも、ちゃんと幸せになりました。

亡くなった奥さんが、生前ご自分のご兄弟に、
自分に何かあったら、面倒を見てあげて欲しい…と、約束をしていたそうです。

ご主人を亡くし、一人暮らしになった時に、
ちゃんと考えて、行動していたんだと思います。

飼い主として、愛犬のためにしてあげなくてはならない、とても大切な事を、
気持ちがしっかりしている時は、忘れてはいなかったんですね…


新しい家族のもとに引き取られたダックスちゃんは、
先住猫ちゃんと、元気に走り回っているそうです。

もしかしたら、今まで飼い主さんを支えようと
一生懸命頑張って来た緊張の糸が、いい感じにゆるんだのかもしれない。

もう、頑張らなくていいって、安心したのかもしれない。


これから先の犬生を、のびのびと楽しんで欲しいと思います。


犬の運命は、人間がにぎっている…
人間が幸せじゃなきゃ、犬は幸せにはなれません。

その事を、改めて考えさせられたお話でした。



自ら命を絶つと言うことには、いろいろな考え方があると思いますので、
この記事のコメント欄は、閉じさせて頂きます。



にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Posted by Saoeko
 
[つぶやき]  thema:柴犬 - genre:ペット